生活のための副収入への道

金持ち父さん・貧乏父さんシリーズ




今、非常に売れている金持ちになるためのバイブル「金持ち父さん・貧乏父さん」私も買っているのですが、お金持ちになるにはどうすればいいの?という素朴な疑問を持っていました。ここに出ている本は金持ちになるために必要な知識や心構え、それと実際に金持ちになる方法を説明しています。この本を読んでただ単に真似することは難しいかもしれませんが、自分なりの方法を見つけ出して見てください。参考書としてはなかなかのものだと思います。



【トップページ】 【書籍】
【金持ち父さん・貧乏父さんシリーズ】 【金関連本】 【マーケット関連本】 【その他おすすめ本】
価格:1,680円
私が初めて買った本。お金持ちになる方法や給与をあてにしている人が陥りやすい罠などを具体例をあげて説明しています。最初はこれを読んで金持ちになる準備を始めるにはどうすればいいかを考えることをおすすめします。私もこの本を読み始めて、考え方を改めました。
価格:1,995円
仕事の形態はさまざまですが、この本では4つのタイプに分類しています。「Eタイプ 給与を得て会社のために働いている人」、「Sタイプ 自分で仕事を作り会社を自分で持っている人(日本でいう自営業タイプ)」、「Bタイプ 自分でビジネスを作り、それを他の人に任せながら会社を経営する人(ビジネスオーナー)」、「Iタイプ ビジネスを持ちながら、さまざまな投資を行なっている人(投資家・資本家)」に分けられたタイプは、経済的におかれる状況も違い、様々な優遇が受けられるタイプと受けられないタイプがあることなど、これからどのようなタイプの人間になっていけばいいかを細かく説明しています。また、キャッシュフローとは何か?この本ではこの言葉のもつ意味を詳しく書かれています。
価格:1,995円
1974年に海兵隊を除隊したロバート氏が金持ち父さんからビジネスオーナーになる方法教わるところからこの本は始まります。ビジネスをはじめる心構え、そして、ビジネスをはじめる準備段階として何をすべきかを細かく書かれています。
価格:1,995円
インサイド投資家から究極の投資家へ、その道へ向かっていく方法や知っておかなければならないことをこの本では詳しく説明しています。ビジネスをはじめるのに必要な「B-Iトライアングル」についての説明。そして、会社を興してビジネスが軌道に乗ってきたら次はどうすればいいのか?入門編とこの上級編を読んでそのヒントになるよう、キヨサキ氏は本を通じて教えています。
価格:2,310円
著者のロバート・キヨサキ氏は47歳で経済的な自由を手に入れることが出来ましたが、その体験から、金持ちになることを選んだときに自分が経済的な自由を得るにはどうすればいいのかをこの本で書いています。「金持ち父さん・貧乏父さん」を読んでから、私はこの本を読んだのですが、「金持ちになる目標は最後はどのような経済的な自由を得たいかを決める計画を最初に立てよう」という考えに非常に感銘しました。出来たらこの本を読んで、自分なりの人生のゴールを決めることをおすすめします。そうすることによって、「金持ち父さん」シリーズの他の本をより真剣に読むことができるのではないかと思います。
価格:1,995円
「金持ち父さん・貧乏父さん」では「お金に関する教育」が大切だと書いていますが、ではお金に関する教育をどうすればいいかを子供を持つ親のために書いた本がこれです。しっかりした教育を受けさせれば、子供たちはあっという間に成長していく。著者のロバート・キヨサキ氏は学校における教育の問題と、子供は教え方次第で大人よりも早く才能が開花していくことをこの本の中で書いています。親だけでなく、私もこの本を読んで、今の教育の問題を真剣に考えなければいけないことを知りました。
価格:1,575円
「金持ち父さん、貧乏父さん」シリーズを読んで、実際に行動をして経済的成功を収めた人たちがアメリカ・ニューヨークにあるマジソン・スクエア・ガーデンで体験談を公演するイベントが開催されました。この本はその人たちがどのようにして成功を収めたかを講演会の話から収録した貴重な一冊。国は違えど、どのようにすればいいのか、ヒントが隠されているかもしれません。
価格:1,995円
1945年以降に生まれたベビーブーマー(日本では「団塊の世代」と呼ばれる人たち)が老後の資金をほとんど持っていないことを筆者であるキヨサキ氏は憂い、このまま放置したらどうなってしまうのかをこの本にまとめています。日本でも同様のことが起こりそうなので、笑えませんでした。事実、2008年秋のリーマン・ショックを発端とする大恐慌は、この本に書かれていた予想よりも遥かに悲惨な状況を生み出してしまいました。その検証の意味でも買ってみても悪くないかもしれません。
価格:1,000円
「収入を得る資産を借金で購入することは、決して悪いことではない」と言う金持ち父さんの教えについて、ロバート・キヨサキ氏が「良い借金」と「悪い借金」との違いは何か、またどのようにすれば「悪い借金を良い借金に変えていく」ことができるかをこの本で分かりやすく書いています。ただ、内容はあくまでもアメリカでの話なので、日本では通用しないことが多いですが、参考までにということで。
価格:1,995円
「お金は駐車させるのではなく、常に動かすことによって金持ちになる」と言う金持ち父さんの教えについて、ロバート・キヨサキ氏がビジネス・不動産・株式などの紙の資産を駆使して金持ちになる様子を金持ち父さんとのやり取りを通して分かりやすく書いています。ただこの本は、自分なりのお金のふやす方法を見つけるための参考書という位置づけになります。
価格:1,995円
ゼロックスを辞め、ナイロンとベルクロを使った財布の製造会社を立ち上げたロバート・キヨサキ氏が今に至るまでビジネスの体験をもとに、失敗や起業する段階での様々な問題をすべて書き記しています。内容はかなり厳しいので、本気で起業を目指す人のための本といえると思います。
価格:2,310円
「金持ち父さん・貧乏父さん」シリーズの著者ロバート・キヨサキ、アメリカの不動産王ドナルド・トランプの両氏が嵐のような今の時代、他者に依存する人が多い現状を憂い、自分の資産を築いて金持ちになって欲しいという思いを1冊の本にまとめた一品。2人の金持ちになるまでの過程をつづることによって、金持ちになりたいという人にエールを送っています。
価格:1,575円
ロバート・キヨサキ氏がYahooファイナンスで連載している同名のコラムを加筆修正した本。今の経済情勢を歯に衣着せずズバズバと書き綴っています。
価格:1,680円
ロバート・キヨサキ氏がこれまでの著書の中で常々言っていた「フィナンシャルIQ」に関してキヨサキ氏が書き下ろした本。学校では決して教えてくれない「お金に関する知識」について色々と書かれています。
価格:1,785円
ロバート・キヨサキ氏の妻であるキム・キヨサキ氏の処女作。これまでの投資の経験を教えて欲しいという女友達とのやり取りを通じて女性にも投資が必要で、女性ならではの視点を基に投資について書かれた本です。女性だけでなく、男性にもおすすめ。
価格:2,310円
ロバート・キヨサキ氏と彼の妹であるエミ・キヨサキ氏の初めての合作。子供のころから現在までの激動の半生を送った2人の体験とお金、使命、魂の絆を求め続けている人たちに捧げた本といえます。お金も必要だけど、お金を得て何をしていきたいのか、お金がすべてではないとしたら、何が必要なのかを探している人には読んでほしいと思います。
現在、ロバート・キヨサキ氏が考案したボードゲーム「キャッシュフローゲーム」シリーズは入荷の見込みが立っておらず、携帯およびスマートフォンアプリとして開発されたものがございますので、そちらをご利用ください。サイトはこちらから。
広告

広告
【このページの先頭へ戻る】
【金持ち父さん・貧乏父さんシリーズ】 【金関連本】 【マーケット関連本】 【その他おすすめ本】
【トップページ】 【書籍】


■ Copyright (C)2005-2019 Hibi-setsuyaku.com All rights reserved.■